バラエティ豊富な講座群にご期待ください

不妊治療② 着床率と出産率

体外受精(顕微受精含む)の治療工程の中で、
しっかり受精した卵が、今度はしっかりと女性の体内に戻すという胚移植。
それがちゃんと着床するかどうかという着床率をご説明致します。

これも実は驚きの低成功率です。
着床した事により、ようやく妊娠となりますが、その後、流産の可能性も高く、死産もあり得る中で、最後に出産出来る事が、出産率となります。

女性の年齢によって35歳を超えると、急激に着床率も出産率も下がっていく現実を、しっかりとご説明致します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 . ぜひ会員登録ください。 新規会員登録はこちら

有料視聴会員のご登録をお願いします。本サイトのすべての動画がいつでも好きなだけご覧いただけます。
豊富な会員特典をご用意しております。 有料視聴会員登録のご案内もご確認ください。

PayPalにて、クレジットカードあるいは銀行振込をお選びください。 Paypalについての解説をご用意しています  

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。